メインページ > 展覧

中国文字発展史第三展示场

[ 2019-02-12 ]

  中国文字発展史第三展示场は二楼の南侧にありまして、「文字一统」、「从隶到楷」、「説字伝义」の三つのユニットに分けられております。こちらでは主に秦と汉の时代の金文、简牍、石碑文字の発展の歴史、古代の図书、汉字教育、汉字の标准化、汉字の改革についての展示がございます。

  汉の时代になってから登场した隷书は実用性が强く、书きやすいという长所があるため、小篆にとって代わられるようになりました。前後汉の400年余りの歴史の中で、书道は籀篆から隶分に代わり、隶分から章草、楷书、行书に代わり、汉の末期には、わが国の书体は基本的に形作られました。书体の絶え间ない変化により、书道も発展し、中国の伝统文化に活気を注ぎ込みました。この时期の「鲁壁経书」の発见と许慎の『说文解字』の诞生は、汉字学研究の基础を打ち立てました。

隶から楷へのユニット

  东汉の経学者、文字学者の许慎が着した『説文解字』は、わが国の汉字を系统的に説明した重要な着作であり、春秋戦国时代以来の汉字に関する研究成果であります。『説文解字』が世に出てから、歴代の学者は汉字の研究に力をいれ、汉字の构造、その発展メカニズムを明らかにし、汉字教育と汉字文化に重要な贡献を行いました。

  新中国が成立してからは、党と政府の保护のもとで汉字の简体字化を行い、ピンインの设定も行いました。