当馆の绍介

メインページ>当馆の绍介
当馆の绍介

  中国文字博物馆は国务院の认可を経て建てられた文物保护、阵列展示、科学研究の机能を兼ね备えた国家レベルの博物馆でございます。2009年11月16日に中国文字博物馆の开馆を祝う式典が盛大に行われました。式典には、中央政治局常务委员李 长春氏、中央政治局委员、国务委员刘延东氏、全国人 大常委会副委员长、全国妇人连合会主席陈至立氏、全国政协副主席、中国社会科学院院长陈奎元氏、第十期全国人 大常委会副委员长许嘉璐氏ら党と国家指导者が出席しました。李 长春氏が中国文字博物馆の开馆を宣言し、刘延东氏が党と国务院を代表してスピーチを行いました。河南省安阳市に位置している中国文字博物馆は现代建筑と殷商时代の宫廷の风格を并せ持ったポストモダニズム形式の建筑でございます。第 一期工事の敷地面积は81ムー、建筑面积は22700平米、投资额は39751万元に达し、博物馆の本馆、広场、字坊などが建てられ、それらは文物の収集、展示の机能を持っています。第二期工事の敷地面积は175ムーと计画されています。科学研究センター、科普交流センター、世界的に権威のある言语文字情报资料センター、甲骨文字を学べる场所、文字文化芸术展示センター、「学海」「字山」と言う文化芸术园などが建てられ、建筑面积は约32000平米、敷地面积は约175ムー、投资额は约31980万元で、学术交流と科学研究の机能を备えています。


  中国文字博物馆に足を踏み入れると、まず中国文字博物馆の象徴的建物のひとつである字坊が目に入ります。「坊」というのは、わが国の古い建筑の重要な様式のひとつで、「牌坊」、「牌楼」とも言われおり、景観性と象徴性が大変强く、中华文化を代表するもののひとつといえます。中国文字博物馆の字坊は高さ18.8メートル、広さ10メートルで、その形は甲骨文と金文の「字」からとったものです。また、それには饕餮纹という絵が饰られており、古风かつ厳かな造りになっております。これは、中国文字博物馆全体の建物の风格と浑然一体となっており、博物馆を代表するものとなっております。字坊の前の両侧には金色の铜の凤凰の雕刻が一体ずつあり、それは商周时代の青铜器によく见られる凤凰の絵からとったもので、高贵かつ优雅なつくり